【Swift/Combine】removeDuplicatesの使い方!重複値を制御

この記事からわかること

  • SwiftCombineremoveDuplicates使い方
  • 重複した制御する方法

index

[open]

\ アプリをリリースしました /

みんなの誕生日

友達や家族の誕生日をメモ!通知も届く-みんなの誕生日-

posted withアプリーチ

環境

removeDuplicatesとは?

公式リファレンス:removeDuplicates

func removeDuplicates() -> Publishers.RemoveDuplicates<Self>

removeDuplicatesメソッドは1つ前の値と流れてきた最新の値を比較して重複していれば公開しないメソッドです。これを利用することで値の変化が起きていない時にサブスクライバーに対して不要に値を流さないようにすることができます。

使い方

removeDuplicatesはパブリッシャーから呼び出して使用します。上流から値が流れてきますが、その際に1つ前の値を内部的に保持しており、比較して同じなら流れを堰き止めます。

let subject = PassthroughSubject<Int, Never>()

let cancellable = subject
    .removeDuplicates() // 重複値を堰き止める
    .sink { value in
        print("\(value)")
    }

// 値を送信
subject.send(1)
subject.send(1)
subject.send(2)
subject.send(2)
subject.send(3)
subject.send(3)
subject.send(1)

// 結果:1, 2, 3, 1

条件を自分で指定する

removeDuplicates(by:)を使用することで値の一致条件を自分で定義することができます。

let subject = PassthroughSubject<Person, Never>()

let cancellable = subject
    .removeDuplicates(by: { (prev, next) in
        return prev.id == next.id
    })
    .sink { person in
        print("Received person: \(person)")
    }

// 値を送信
subject.send(Person(id: 1, name: "まひろ"))
subject.send(Person(id: 1, name: "まひろ"))
subject.send(Person(id: 2, name: "かわもと"))
subject.send(Person(id: 2, name: "かわもと"))
subject.send(Person(id: 3, name: "たける"))
subject.send(Person(id: 3, name: "たける"))
subject.send(Person(id: 1, name: "まひろ"))

// 結果:まひろ、かわもと、たける、まひろ

まだまだ勉強中ですので間違っている点や至らぬ点がありましたら教えていただけると助かります。

ご覧いただきありがとうございました。

searchbox

スポンサー

ProFile

ame

趣味:読書,プログラミング学習,サイト制作,ブログ

IT嫌いを克服するためにITパスを取得しようと勉強してからサイト制作が趣味に変わりました笑
今はCMSを使わずこのサイトを完全自作でサイト運営中〜

New Article

index